製品紹介 - CCTVレンズ

  • サイトマップ
  • TOPページへ

製品情報

CCTVレンズ見出し

CCTVレンズ製品


製品紹介

CCTVレンズとは、セキュリティ用途を主としてCマウント・CSマウントカメラで多く使われるレンズです。あらゆる被写体ににバランスの撮れた収差補正を行っており、広範囲の画像を読み込むのに適したレンズです。近年セキュリティ用途のみならず、FAやマシンビジョン等の用途としても使われます。カメラの高画素化に対応したメガピクセル対応や、赤外線等の特殊波長域のコーディング対応も可能です。

主な用途

CCTVレンズは、下記の様な用途に使用できます。

  • 監視用/セキュリティ用
  • 画像認識
  • バーコードスキャン
  • ハイスピード画像処理
  • 医療用
  • マシンビジョン・ロボットビジョン用

CCTVレンズのマウント形状について

Cマウントレンズ

Cマウントとは、レンズとカメラを固定する際にネジを利用してレンズを固定するフランジバック17.526mmのスクリュー型のマウントです。
顕微鏡、セキュリティ用CCDカメラ、CCTVカメラ、工業用カメラなど多くの光学機器で広く使われているマウントです。
1型、2/3型、1/2型のセンサー(CCD/CMOS)で良く使われます。

CSマウントレンズ

CSマウントとは、カメラの小型化を目的とし、Cマウントのフランジバックを12.5mmにダウンサイジングしたマウントです。
1/3型、1/4型センサー(CCD/CMOS)で良く使われるマウント規格です。

Cマウント/CSマウントの違いについて

CマウントとレンズとCSマウントレンズの違いについては下記の通りです。
ネジ規格が共通のため、Cマウントレンズについては5mm幅のC/CSマウント変換アダプタを使用しCSマウントカメラに装着が可能です。


Cマウントカメラ CSマウントカメラ
ネジピッチ 0.794mm(1-32 UNF) 0.794mm(1-32 UNF)
フランジバック 17.526mm 12.5mm
Cマウントレンズ ○取付可能 ※アダプタ併用にて可能
CSマウントレンズ ×取付不可 ○取付け可能

※図:"C/CSマウントの違い"と"C/CS変換アダプタ使用例"

Cマウント/CSマウントの違い C/CSマウント変換リング


製造事例

焦点距離 8mm, 12.5mm, 16mm, 25mm, 35mm, 50mm
F/NO F/0.95 ~ 2.9
マウント Cマウント、CSマウント、その他特殊マウント
フォーマットサイズ 1/4型 ~ 1型
その他 各規格については、仕様に合わせたカスタマイズ対応致します。

どのようなレンズも製作可能!レンズのカスタム製作・小ロット製作などご相談下さい

当サイトに紹介されているレンズ以外でも、仕様に合わせたカスタムレンズの製作が可能です。

小ロットでの製作も得意としております。他社で断られたレンズの製作・設計も是非当社にご相談下さい。

お問合せはこちら

その他製品情報

  • ボードカメラレンズ
  • FA/マシンビジョンレンズ
  • CCTVレンズ
  • テレセントリックレンズ
  • プラスチックレンズ
  • その他レンズ